☆ ☆ ☆

2008年12月30日火曜日

アメリカ分裂!? ウォール・ストリート・ジャーナルの面白い記事


ロシアの学者が「2010年にアメリカは6つの国に分裂する」という説を唱えて話題になっているとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えています。

この説を主張しているアイゴア・パナーリンは元KGBのアナリストで現在はロシア外務省の外交官養成アカデミーの学長を務めています。ウォール・ストリート・ジャーナルは「彼の経歴は傍流の人間ではなくロシア政界の中心を歩んできた人だ」と述べています。

パナーリンは礼節正しく快活な人で、「アメリカ人は嫌いじゃないよ」と公言しているそうです。しかしアメリカの将来は暗いと予言しています。

「大体、55%くらいの確率でアメリカ分裂が起こると思う。」「我々ロシア人としては歓喜きわまるところだが、理詰めで考えればこれはロシアにとってもベスト・シナリオとは言えない。ロシアは世界での覇権という見地からはステータスが上がるが、経済的にはアメリカの瓦解はロシアを困窮させるだろう。」

パナーリンの分析では高水準の移民、経済の低迷、モラルの低下が2009年の後半までにアメリカで内戦を誘発し、ドルが崩落する、、、そして2010年の7月頃までにアメリカは6つの国に分裂するとしています:

カリフォルニアは「カリフォルニア共和国」となり、中国の庇護を受けるか、中国の影響下に置かれる

テキサスは「テキサス共和国」となりメキシコの庇護を受けるかメキシコの影響下に置かれる

ワシントンDCとニューヨークは「アトランティック・アメリカ」としてEUとの連携を強める

イリノイ州、ミシガン州、オハイオ州を含む中西部は「中西部アメリカ共和国」としてカナダの庇護を受けるかその影響下に収まる

ハワイは日本もしくは中国の庇護の下に収まる

アラスカはロシアの一部となる

パナーリン学長は「みんなが俺を笑っていることは知っている。でもフランスの政治学者エマヌエル・トッドが1976年にソ連崩壊を予言したときもみんなの笑いものにされたことを忘れちゃいけない。」

2 件のコメント:

月の中で孤独 さんのコメント...

話としては興味深いですね。

しかし、ほぼ100%実現しない。

踏み上げ太郎 さんのコメント...

月の中で孤独さん

今年はお世話になりました。
来年もコメント下さい。
よいお年を!