☆ ☆ ☆

2009年5月1日金曜日

これって、、、ちょっと違うんじゃないですか?











スペキュラティブ・フィーバー(投機熱)がニューヨーク株式市場を包んでいます。
一番上の銘柄はデンドリオン(DNDN)というシアトルのバイオテクノロジーの会社。「前立腺ガンの治療薬の臨床試験の結果が良かった」という材料でぶっ飛んでいます。僕は不勉強にしてこういう会社が存在することすら知らなかった。経営陣の経歴を見たけれど、、、(ま、言わない方がいいか)、、、ツイッターで連日ピーチク・パーチク囁かれている銘柄です。
2番目のチャートはセクシーなパーティー・ドレスとかに特色がある若い女性向きブティックのビービー(BEBE)。
強烈なラリーをご覧あれ。
3番目は日本でも人気のコーチ(COH)。説明は不要ですね。
4番目はチャイナ・ビストロのPFチャン(PFCB)。だいたいショッピング・モールなどに入っています。マス・マーケットを目指したレストランとしては美味しい部類に入るし店構えもファッショナブルだと言えます。でも、、、このへんの銘柄は不況下で流行るようなビジネスではないんですね。
一方、今のマクロ経済の環境で最も恩恵を蒙ると僕が考える小売店であるウォルマート(WMT)の株価(一番下)は、ほれ、御覧の通り、冴えません。
マーケットは常に正しい、、、ですか?

1 件のコメント:

kackiee さんのコメント...

コーチはCNBC managinge AsiaでCEOが出ましたね