☆ ☆ ☆

2008年9月18日木曜日

ヘッジファンドの空売り建て玉の報告が義務付けられる?

ブルームバーグによるとSECは運用資産で1億ドルを超えるヘッジファンドについては「毎日、ショートのポジションを日報にして報告せよ」というルールを策定することを計画しているそうです。

これは、、、効くかもしれない。

なぜかと言えば計画ではSECはsubpoena power(召喚状を突きつけること)を持つらしいからです。
今のアメリカの世論からして、銀行や証券株に大量にショートを振っているという情報を公開されたらそのファンドは最終顧客から資金の引き揚げを喰らうかも知れません。

また下手すりゃ世間から糾弾され、証人台に立たされるとか、そういう不快で居心地悪い思いをすることも考えられます。

ましてや帳簿にチョッと相違があり、ショートした株の受け渡しがついてないなんて事があったら、、、「お前ら、ネイキッド・ショートしたかどで、しょっ引く!」とか言われたら、たまんないと思うんです。

米国では運用資産2500万ドル以上のファンドはSECに登録しないといけません。なんかの拍子に「登録取り消し」とかされたら、たまったもんじゃない。

(今は慾をかく場合じゃない。お行儀よくしないと、、、)

そう思うヘッジファンド・マネージャーも多いはず。

僕がこの案を良いと思う理由は事務作業の大半をヘッジファンド側に押し付けることが出来るからです。これならSECの人手不足も問題にならない、、、

2 件のコメント:

ROSE さんのコメント...

明日がオプション期日なのも値動きが荒い原因かと思いますが、VIX指数が42を超えても衰える勢いも見せず、保有投信も株も下げ止まる様子が有りません。

この調子で下げが続くと明日にはマージンコールが来そうで、保有株や投信の処分を余儀なくされそうで、泣きそうです・・・

今日はプラスで終わって欲しいと祈ってます。
愚痴でした。

arai さんのコメント...

roseさん

VIX指数42オーバーで間もなくかと思いますがどうなりますか。私も先日から買っては投げ、売っては踏みになって困っています。

私はトレンドに付くように心がけていますが、トレンドの転換期には波が高く必ずやられてしまいます。

今晩こそ高く終わってもらいたい。私は日本人ですがアメリカのアニマルスピリットと政治のレベルに期待しています。

どうぞ気持ちを落ち着かせてください。間もなくどこかで底打ちするでしょう。