☆ ☆ ☆

2009年3月10日火曜日

オバマ大統領の人気はなぜ落ちないのか?



オバマ大統領が就任してからこれまでに株式市場は20%以上下落しており、歴代の大統領の中で最悪記録を更新しました。ところが米国株式市場がこんなにひどい状況にもかかわらず、オバマ大統領の人気はそれほど落ちていません。大統領就任直後のオバマ支持率は64%、現在は60%です。一方、オバマを支持しない比率は就任直後が20%、現在が29%です。
なるほど、確かに不支持者の数は増えているけど、新政権移行以来、落胆に次ぐ落胆を経験してきたウォール街関係者にしてみれば、「こんなのアリかよ~」と愚痴のひとつも言いたくなります。
オバマ人気が(いまのところ)落ちていないひとつの理由は新大統領のカジュアルなマネージメント・スタイルにあると思います。今まではオーバル・ルームでは訪問者が背広を上着を取るということは許されませんでした。でもオバマはワイシャツ姿で執務したりします。
またミッシェル大統領夫人はホワイトハウスからそれほど離れていないホームレスのためのスープ・キッチン(炊き出し所)に出かけて行き、お手製のサラダを作ってホームレスたちにふるまったりしました。(上の写真、出典はAP、ハフィントン・ポスト。なおフルーツや野菜を買うお金はホワイトハウス内で働く関係者から集めた小口寄付金だそうです。)
またホワイトハウスを解放していろんな親睦会のようなこともやっています。先日はスティービー・ワンダーを呼んでコンサート(下の写真。出典はニューヨーク・タイムズ)を開いたそうです。オバマ曰く「若し僕がスティービーのファンだよと言わなければ、ミッシェルは僕とデートして呉れなかっただろう。」(ミッシェルは大のスティービーのファンです。)
   ■   ■   ■
そういうやわらかい話題から、経済の話題に移ると、オバマの人気が高い最大の理由はウォール街の連中から距離を置いている点にあります。別の言い方をすれば「わざと見殺しにしている」わけ。
ボブ・ルービンがシティを「もう辟易した!アホらしくてやってられるか」と吐き捨ててリタイアしたとき、ウォール街の関係者の少なからぬ者がオバマ政権のアドバイザーに収まるという予想をしました。実際、フェデレーテッド・アドバイザーズのフィル・オーランド(常連のコメンテーターです→僕の昔の客)もテレビでそう預言していました。でも実際はそうなっていません。(今から思えば、あのタイミングで辞めていても「結構、いいときに辞めたな」と思えるくらい、その後のシティはボロボロになりました。)
つまり殆どのウォール街関係者がオバマ政権のウォール街に対する冷淡さを甘く見過ぎたわけです。よく投資銀行やヘッジファンドは沢山ワシントンに政治資金を献金しているからある程度面倒見て呉れる筈だという議論を目にしますが、それは去年までの話です。いまヘッジファンドなどから献金を受けることは政治的な自殺行為です。だいいち、ヘッジファンドの側でもう政治献金をするような余裕など一切ありません。

6 件のコメント:

momonga33 さんのコメント...

アメリカ人の資産における株式の比率は日本人の比じゃないと聞きますが、これだけ株が下がったらやはり自分の資産価格の下落で人気は落ちると思ってしまうんですが、それを跳ね除けるだけの人気なんでしょうか

踏み上げ太郎 さんのコメント...

momonga33さん

コメントありがとうございます!

そうですね、アメリカ人の資産に占める株式保有率は投資信託を介した保有分などもありますからかなり高いです。

みんな資産の目減りで慄然(!)としています。

ただオバマ大統領が就任する前からサブプライムなどが問題の元凶だということはアメリカ国民も知っていました。

銀行憎し!

そういう情緒に流された悪者探しにオバマ政権はそっと加担して、蛇のなまごろしみたいにのたうちまわる金融機関を無視することで大いに人気を上げている面があるのです。

SampleFlash さんのコメント...

ミッシェルさんの写真とてもいいですね。

米国は退職金貯金を401Kというかたちで自分で
やらなければいけないケースも多いので、
真面目に積み立てていた人ほどかなり苦しい
状況のようです。退職金だけではなく、子供の
学費も赤ちゃんが生まれた時に税金控除のアカウント
を作って、プロのファイナンシャルプランナーに相談に
のってもらって退職金の分も含めてほとんどまかせきり
の人が多いです。 私自身何故大統領の人気が落ち
ないのか不思議でなりません。 退職金はまだ先だと
しても私の周りでも子供の学費の為の貯金が半分以下
になったという人も多くいます。もっとも日本人には
子供の学費を株式投信で積み立て貯金という考えは
無いように思いますが。
しかし、ここ10年所得が減る一方(人々が不動産投資
、無理な借金に走ったのも所得減が影響していると
思います)医療保険の個人負担が増えている人の方が
多いので401や、税金控除口座に貯金できていないで
いる人もかなり多いように思います。
株式市場以上に仕事の安定と、医療保険に期待していると
思います。 しかし、ブッシュ以来の安値をきってから、
まだ何日かしてないので、ここから反発すれば今までの
下落は一部の金持ち層以外には気にならないと思いますが、
ここからもっと下がれば皆ビックリすると思います。
今、今日、私も含めてアタマの中真っ白、思考停止状態です。

春山昇華 さんのコメント...

ここ数日のエントリーラッシュは質、量ともに、すごい充実ですね!

さて、私もブロガーに引越しして3週間弱が経過しまし、ようやく使い方がわかってきました。
数年前は踏み上げさんがDoblogに引っ越されましたが、今回は私がこっちに引っ越すことになりました。マイペースで長期継続(グーグルがサービス停止するまで)したいと思います。よろしくお願いします。

踏み上げ太郎 さんのコメント...

SampleFlashさん

コメントありがとうございます。SampleFlashさんは確かハリウッド関係のお仕事ですよね?もしそうならアメリカ人の就業形態の変化については今更僕が指摘するまでも無いかとは思いますが、SampleFlashさんの「株式市場以上に雇用の安定と医療保険に期待している」というコメントを読んでいて(これはしっかりエントリーを立てる必要があるな)と思いました。

従って最新のエントリーはSampleFlashさんへの僕のリプライです。

踏み上げ太郎 さんのコメント...

春山さん

コメントありがとうございます。
いまポジさんがサンフランに出張で来られていて昨日一緒にメシを食いました。

ポジさん健在!

で、一緒にケーブルカーに乗ってから帰りました。